ヨギボーマックスはどんな環境にマッチするの?

ヨギボーマックスはどんな環境にマッチするの?

ヨギボーマックス,環境

 

 

 

 

 

ヨギボーマックスはヨギボーの中でも最大サイズ。椅子、ソファー、ベッドの3役をこなしてくれます。

 

長さ170cmのロングタイプではありますが、重量8キロで思ったより移動が楽です。使わない時は部屋の隅に立てておいておくことも可能な便利なソファです。

 

ヨギボーマックスはかなり大きいなといった印象を持つ人が多いでしょう。

 

形を自由自在に変化できるとはいえ、大きめのリビングなどが一番マッチしますよね。

 

1人暮らし用の寝室に置いてしまうと場所をとってしまうので向かないでしょう。できるだけ大きめの部屋に置くとゆったりくつろげていいかもしれません。大人でも最低でも2人、子供なら3人くらいなら余裕で座れてしまいます。ヨギボーはオプションも充実しているのでいろんな組み合わせを楽しむことが可能です。

 

背もたれを別に購入してヨギボーマックスと一緒に使う方が多いのが特徴です。

ヨギボーマックス,環境

 

多少場所は取るものの、一番多用途で使えるタイプなので工夫次第でどんな楽しみ方だってできるものでしょう。今までのソファは自分の体型に合わせるためにこちらが努力しないといけない歯がゆさがあったものの、ヨギボーマックスなら自分の体型にソファの方がピタッとフィットしてくれるため毎日でも使用したい、座っていると時間を忘れてしまうという声が多いのですね。

 

ヨギボーマックスの口コミの評価がスゴイ!

ヨギボーマックスの口コミをチェックしてみましょう!

 

大きめサイズなので身長が高い人や家族が多い人にも向いていますね。上手に使ってヨギボーライフをぜひ楽しんでください。カバーの色を変えれば雰囲気が変わってまた楽しくなりそうですね。

 

では、ヨギボーマックスの実際の口コミを見ていきましょう!

 

座り心地最高!楽しい!

一番のセールスポイントである座り心地が楽しめる最大のポイントですよね。

 

買ったばかりのときは反発性があるのでそれを楽しんでほしいと思います。変幻自在に形が変わるので自分なりの座り方を考えてみましょう。

 

掃除がしやすい

重い重量級のソファに比べれば軽いので動かすのは簡単。これは助かりますね。

 

カバーのカラーバリエーション豊富

15色あるのでお部屋に合わせてカバーを変えるのも楽しいですよね。

 

汚れがひどくなってしまったときに違う色に買い替えても気分転換になりそうです。

 

少しくらいならひっかいても平気

ペットや子供が触ると破けたりしないかなと心配な方もいると思います。少々ひっかいたくらいなら大丈夫。

 

アウトドアで使うなら、耐水性のあるズーラシリーズを利用しましょう。丈夫なカバーが魅力的ですね。カバーやジッパーには1年保証もついているのでレシートを保管しておきましょう。1年以内であれば交換してもらえます。

 

カバーは洗濯オーケー。乾きも早い!

汚れたと思ったらネットに入れて洗濯機で洗っちゃいましょう。すぐに乾くのも助かりますよね。ほこりなどがくっつきにくいのもうれしいポイント。

キャンペーンをチェックするとお得!

送料が気になるとの指摘がありますが、ホームページをチェックすると時々送料無料キャンペーンがありますので、そういったときを狙ってみてはどうでしょうか?

 

ただし、そういう時は注文が増えるので時間には余裕をもって注文してくださいね。

 

丈夫なカバー、豊富なバリエーションを楽しめるヨギボーマックス。

 

使い方を工夫すれば無限に楽しみが増えそうですね。マックスが大きすぎるという場合は小さいサイズにしてみたり、寄りかかるヨギボーロールなどの小物オプションを組み合わせてみるのもいいですね。自宅の部屋の間取りなどを考えながらコーディネートしてみてください。

 

子供にも大人気!

ヨギボーマックス,環境

お子さんが多いところでもヨギボーマックスは大活躍しそうです。

 

よっぽど乱暴な扱いをしない限り、ヨギボーのカバーは破れません。多少このソファの上で子供が飛び跳ねたとしてもそう簡単にはへたったりもしないのです。疲れたらそのままその上でお昼寝なんて使い方もいいかもしれませんよ。汚してもカバーを洗うことができるので大丈夫。

ヨギボーマックスに欠点はあるのか?

ソファタイプの中でダブルの次に大きめサイズのマックスは、ふかふかソファで心地よいのですが、使ってみると案外お手入れに苦労している方も多いのも事実です。

 

これはヨギボーマックスの欠点と言えるのでしょうか?

 

ヨギボーマックスに考えられる欠点、お手入れの難しさなどをピックアップしてみます。

 

欠点1 アメリカンサイズなので思ったより場所をとる

これは当初より指摘されていることですよね。写真だけではわかりにくいので購入前にサイズを確認したいところです。

 

アパートなどの狭い場所には向きません。収納や立てかける場所がないときは別のサイズを検討してください。

 

欠点2 新品のときはけっこうにおいがきつい

ビーズのにおいが鼻につくという指摘が多いですね。

 

マックスは使用するビーズの量が多いので余計にかもしれません。つわりがある妊婦さんには向かないでしょうね。気になる場合は日陰干しで軽減されるという意見もあります。

 

ただし、このニオイは購入直後だけのことで、時間が経てばニオイも消えていきますので、そこまで気にする必要はありません。

 

欠点3 カバーを洗濯すると縮んでしまう・ファスナーが滑る

これはヨギボーに限らず、洗濯したら多少は縮みますよね。縮んだ状態でビーズをいっぱい詰め込んでファスナーを閉めようとしてもファスナーが滑ってうまく閉まらないことが指摘されています。

 

逆に、ヨギボーのカバーが縮んだおかげで、購入直後の弾力を取り戻したという、メリットを上げている方もいますね♪

 

欠点4 乳幼児にはむかない

子供にもオーケーとはいっても乳幼児には危険ではないかとの指摘もあります。

 

寝返り打ったときに窒息しそうになったり、親が見ていない時に滑ったりして転落することもあります。もし、乳幼児に使用する場合は、は小さめサイズの方が安全です。。

 

欠点5 腰痛がある方は立ち上がりにくい

マックスの売りである心地よい座り心地は腰痛がある方には逆に不向き。

 

座ると沈み込んでしまうので立ち上がる時に苦労します。腰痛持ちの方には、ヨギボーはあまり適していないようです。

 

実際に使ってみないとわかりにくい点ばかりですね。

 

お近くに店舗がある方は、ぜひ座り心地だけでも確認してから購入してほしいと思います。お手入れ方法も確認したいですね。

 

また、リペアサービスは持ち込みだけなので、その点も解消されてくれると嬉しいところです。

 

ヨギボーマックスに関しては、発売されてしばらくたったので口コミも増えてきました。ぜひ口コミをチェックしてからどのサイズにするか検討してみてください。

 

感じ方は人それぞれで、同じことでもメリットと感じる人もいれば、デメリットに感じる人もいます。

 

メリットの方が勝った時が、ヨギボーマックスの買い時です!

 

ヨギボーマックスのカバーはいくら?

カバーの色の豊富さも人気の理由の一つ。部屋の模様換えのときはヨギボーマックスのカバーを新しい色に交換して気分転換してみるのも楽しいですね。

 

ピンクやオレンジのようなビビッドカラーだけでなく、ブラックやブラウンといった落ち着いた色もあるので性別や年齢を問わずに使えるのもヨギボーマックス。

 

座り心地が気にいったらお父さんの書斎にいつの間にかヨギボーマックスがあったなんてこともあるかもしれません。家族みんなでシェアして使うことで新しいコミュニケーションが生まれそうです。

 

もともとヨギボーマックスのカバーは、12,000円しました。カバーに12,000円は、高いなと感じた方も多いかもしれません。

 

でも、今は原料価格が下がったため、9,800円まで値下がりしました!

 

ただし、原料価格は変動しますから値上がりのリスクもあるかもしれません。ヨギボー公式サイトで価格をたまにチェックしておきたいところです。

 

基本的にヨギボーの新品商品に関しては、値引き販売はしていません。

 

楽天、アマゾン、ヤフーにあるショップで購入することもできますが、基本的に同じ価格です。
キャンペーンをやることや安心感から、公式サイトを利用するのがおすすめです♪

 

中古のヨギボーには注意!

一番注意してほしいのは公式ストア以外のネット販売です。

 

ヤフオクや不用品売りますのページなどは商品の保証がありません。

 

破けたり、汚れたりしていてもカバーの交換もできないし、返品もできません。人が使用したものですので、たとえば前の利用者が子供いたりすれば多少の汚れは覚悟すべきですね。

 

安いと思って飛びつくと後悔することがあるので、中古品を購入する際はぜひこういった点をきちんとチェックしてくださいね。

 

ヨギボーのリペアサービス

ヨギボーには、リペアサービスもありますが、カバーを新品で買うのと同じ価格です。

 

ただし、リペアサービスの方は、中に入っているビーズの補充をしてもらえますので、どちらが得かはヨギボーの状態によります。

 

新品のカバーを購入した方が良い人

まだ、中のビーズがヘタっていなくて、カバーのみをキレイにしたい場合は、新品のカバーを購入した方が良いです。

 

リペアサービスを利用した方が良い人

ビーズがヘタってカバーも汚れているという場合は、リペアサービスを利用すると良いでしょう!

 

ただ、リペアサービスの受付は、店舗持ち込みのみに限りますので、なかなか利用しづらいサービスだと思います。

 

ビーズがヘタって、カバーもキレイにしたい場合は、補充用のビーズを購入して自分で補充し、自宅やコインランドリーでカバーを選択すると良いでしょう!

 

ヨギボーマックスは楽天やAmazonで買ったらダメ!?

ヨギボーマックスが発売されてから、ネット販売で似たようなタイトルをつけた紛らわしい類似品が出てきました。

 

そのため、公式サイト以外で購入する際は注意してください。

 

たとえばどんな間違いが考えられるか検索してみます。

 

楽天の場合

楽天でヨギボー、ヨギボーマックスと検索するとヨギボーしかでてこないのですが、ヨギボーではなくビーズソファで検索したとします。

 

すると、似たような形やフレーズの類似品が大量に出てきます。人をダメにするクッション、ぐぅだらクッションなど、ヨギボーと似たようなものがたくさんあるのでよく見ないと間違えそうです。

 

Amazonの場合

Amazonだとさらに間違えやすい検索になっています。
こちらではヨギボーと検索をかけても他社製品とヨギボーが混ざって画面に出てきます。人を神にするソファ、人をダメにするソファなど間違えそうですね。

 

Yahooショッピングの場合

ヤフーショッピングで検索するとヨギボーと検索すると、1件だけよその会社がヨギボーを出品しています。この場合はカバーの1年保証などがない可能性も高いので、ヨギボー公式ストアで購入した方が安心ですね。

 

見分け方としては、

  • 販売者がヨギボー公式オンラインストアと書いてあるかどうか?
  • ストア評価欄(お客様が購入後に感想を書く欄)を見ると公式ストアの場合は評価が低い・高いに関わらずきちんとコメント返信をしている(ヤフー公式ストア)かどうか?

見てもらえたらいいのではないでしょうか?

 

一番確実なのは、ヨギボーの公式サイトで購入するということです。

 

新品のヨギボーでで公式サイトより安く購入できるところはありません。
ですので、ヨギボーマックスの購入は、公式サイトがおすすめです!

 

 

 

他のYogiboも見てみる