ヨギボーのカバーを自作している人もいるようですが・・・

裁縫の準備

『ヨギボーカバーを破いてしまった!』

 

ヨギボーカバーは基本的に丈夫なのですが、熱には弱いためストーブやアイロン等には気をつける必要があります。ホットカーペットくらいなら問題ないのですが、60度以上では溶けてしまいます。

 

また、ペットが引っかいたぐらいでは破れません(場合によっては破れたり、糸がほつれたりするかも)。

 

もし、ヨギボーカバーが破れてしまっても単品で購入することができるのですが、結構なお値段がします。

 

 

ヨギボーカバーは高いので、ヨギボーカバーのサイズを測って、ヨギボーカバーを自作して代用している人もいますね。

 

ですが、ヨギボーカバーの自作はおすすめできません!

 

ヨギボーにとって、ヨギボーカバーは生命線と言っても過言ではありません。

  • ヨギボーインナーカバーを包み込み
  • ビーズとの絶妙なバランスを保ち
  • 最高の肌触りを実現する

そんな魅力的なヨギボーカバーを自作するということは、ヨギボーの魅力や価値を半減させてしまうということです。ヨギボーカバーと同じ素材を使うなら良いのですがそれは無理ですよね?

 

せっかくヨギボーを購入したのですから、最高の状態で使わないともったいないです。

 

ヨギボーカバーは高いと感じるかもしれませんが、破れてしまったら購入することをおすすめします。

 

 

どうしても買うのはもったいないという場合は、カバーを自作するのではなく、破れた部分を塗ったり、あて布をして補強する方がまだ良いかなと思いす。

 

絶対にヨギボーカバーを手作りすることだけは禁止です!

 

ヨギボーインナーも単品購入できる!

もし、ヨギボーカバーだけじゃなく、ヨギボーインナーまで破れてしまったら大変です。

 

でも安心して下さい。ヨギボーインナーも単品購入することができます!

ヨギボーインナー

 

ヨギボーインナーが破れてしまうことは、そうそうないと思いますが、もし破れてしまったらヨギボーインナーのみを購入すれば大丈夫です!

 

 

 

TOPへ