ヨギボーを店舗から持ちかえることはできるのか?

ヨギボーを店舗から持ちかえることはできるのか?

ヨギボー,店舗,持ちかえる

 

最近、テレビや雑誌にたびたび紹介されてり、テレビCMも始まった人気のヨギボーです。

 

かなり大きなビーズクッションとして人気のヨギボーですが、店舗で購入して実際に持って帰ることはできるのでしょうか?

 

ヨギボーは持ってかえれないことはない・・・

もちろん、ヨギボーを持ってかえることは可能です。

 

最近では、店舗数もどんどん増えていますので、ヨギボーショップを見かけた方も多いかと思います。

 

ヨギボーショップは、基本的には売るためにあるわけではなく、多くの方に体験してもらいたいという雰囲気です。実際に、いろんな種類のヨギボーが置かれていて、自由に座ることができます。

 

ヨギボー,店舗,持ちかえる

 

先日私もヨギボーショップに行ってきました

ショッピングモールの中にあるヨギボーショップなのですが、店頭には、ヨギボーマックスが2個ぐらい立っていました♪

 

前を通った人は、一度は何だ?って感じで立ち止まりますね。立ち止まった人の半分ぐらいが、実際に店舗に入って体験しているという状況でした。

 

店員さんもすごく感じが良くて、その場で売るつもりはあまりないみたいなので、すごく良い感じでしたね♪

 

店員さん曰く実際に持ち帰る人は少ないそうです

店員さんもすごく話しやすいので、
『購入して持ってかえる人とかいるんですか?』
って聞いてみました。

 

実際には、ほとんど持ってかえる人はいないそうです。

 

店舗にヨギボーの在庫がそんなにないのも関係しているみたいです。好きな色や種類のヨギボーがない場合は、注文になりますので、また取りにくるのが面倒みたいですね。

 

あとは、ヨギボーミディより大きなのは、たとえ駐車場までだとしてもちょっと持ち帰るのは厳しいかなって思います。

 

それより小さいヨギボーミニでも、持ち帰ろうと思ったら結構な大きさですからね!

 

ヨギボー,店舗,持ちかえる

 

ヨギボーを店舗から持ちかえるメリットとは?

ヨギボーを店舗から持ちかえる人がほとんどいないことがわかったのですが、実際に持ちかえるメリットってあるのでしょうか?

 

ヨギボーのデメリットの1つに、送料が高いというのがあります。
自分で持ちかえることで、この送料を節約できるメリットはありますね。

 

あとは、自分で持ちかえると目立てる!?ってことですかね!ヨギボーマックスをもって、電車に乗ったらやばいですよね!

 

ということで、ヨギボーを店舗から持ちかえるのは、よっぽどのツワモノということになります。

 

普通の人は、宅急便で送ってもらった方が良いかなって思います。

 

ヨギボーの詳細はこちら>>

 

 

関連ページ

ヨギボーにはどんな欠点があるのでしょうか?
大人気の魔法のソファ、ヨギボーも残念ながら欠点がゼロというわけではありません。少しずつメーカーの努力で改善されている面もありますが、気になる点、注意点などをしっかり覚えておくと購入したあとで失敗したということがなくなります。
ヨギボーの購入は通販がおすすめな理由とは?
ヨギボーは直接販売するショップも少しずつ増えてはきていますが、まだまだ通販が主流です。販売サイトも発売当初より増えたので便利になりました。公式サイトに加えて、楽天市場、ヤフーショッピング、アマゾンでの利用も可能です。
ヨギボーを抱き枕にするならどれがぴったり?
ヨギボーロールは、120センチが一番おすすめです。大きすぎず、小さすぎないので、一番使いやすい大きさに感じます。インテリアとしても存在感を発揮してくれるアイテムなので、お部屋にマッチしたカラーを選ぶと良いでしょう!
ヨギボーのカバーを洗う時の注意点って?
ヨギボーの良さは、カバーを取って洗えることですよね!いつも清潔にいられますので、長く使えます。ヨギボーのカバーを洗う時の注意点は?
ヨギボーの送料はいくら?何とか安くならないの?
口コミを見ているとヨギボーの送料が高いという意見があります。ヨギボーの送料を安くする方法はないのでしょうか?
ヨギボーがへたってきた!復活の呪文があるって本当?
毎日愛用するためか、ヨギボーがだいぶへたってきました。そんな、へたってきたヨギボーに復活の呪文があるって本当!?
ヨギボーカバーを洗濯するメリットはキレイだけじゃない!?
ヨギボーのカバーが洗えるっていうのは、かなりのメリットですよね!そんなヨギボーのカバーを洗濯するメリットがキレイにするだけじゃないんですって!
ヨギボーカバーの作り方って知ってる?
ヨギボーのカバーはアメリカの特許製法で作られています。ただし、詳しい製法などはもちろん企業秘密なのでネット上に好評されることはありません。企画はアメリカ、製造は中国、組み立ては日本というように行っています。