ヨギボーのチャックが開かない!どうすればいいの?

ヨギボーのチャックが開かない!どうすればいいの?

ヨギボーの補充ビーズを追加しようと思ったけど、チャックが開かないとピンチの方はぜひ見てみて下さい。

 

ヨギボーカバーの中のインナーにはジッパーがあり、これを開けると直接ビーズが入っています。

 

ところがこのインナージッパーには持ち手がついていないのです!がんばって開けようと思っても、びくともしません。

ヨギボー,チャック,開かない ヨギボー,チャック,開かない

 

安心してください♪すぐに開きますよ!

ま~持ち手がないなら付ければいいんですよ!まったく焦る必用ありません!

 

これこれ!食パンの袋とかについている「ねじっこ!」(と私は呼んでいる)。
これを付けて引っ張れば開くはずです♪

ヨギボー,チャック,開かない

 

せ~の!あっ開かない!
え~何で~全く動きません・・・

ヨギボー,チャック,開かない

 

答えは公式サイトにありました!

おかしいな~これで開くと思ったのに。

 

ということでヨギボーのインナージッパーの開け方について調べたのですが、どこにも書いていません。
みんなどうやってビーズを補充しているのでしょう??

 

あっありました!なんとヨギボー公式サイトに掲載されていました。

Yogiboのインナージッパーは『セーフティジッパー』といい、あえて持ち手を外しております。
これはお子様などが誤ってジッパーを開けてしまうのを防ぐための対策となります。ご理解いただいますようお願い申し上げます。

 

ジッパーを開ける際は、ペーパークリップなどをジッパーの金具に引っ掛け、
クリップを持ち手代わりにして開封してください。


(Yogibo公式サイトより引用)

 

でも「ねじっこ」でダメだったんだから、ペーパークリップでも同じでしょ~。きっとチャックが壊れているんだと思いました。
でも、他に方法が見つからないし、とりあえず試してみるか~ということで試してみました。

 

あっ開いた!すっと軽く開きました!

ヨギボー,チャック,開かない ヨギボー,チャック,開かない

 

「ねじっこ」と「ペーパークリップ」では、何が違うのかはよくわかりませんが、力が伝わりやすいのかもしれません。

 

無事開けることができました!

 

 

ヨギボーのインナージッパーが開かなくて困っている方は、
ペーパークリップ」を使って開けて下さい。

 

もし、ペーパークリップがない場合は、力が伝わりやすくてジッパーに引っ掛けることができる細さのもので代用してください。

 

関連ページ

ヨギボーにはどんな欠点があるのでしょうか?
大人気の魔法のソファ、ヨギボーも残念ながら欠点がゼロというわけではありません。少しずつメーカーの努力で改善されている面もありますが、気になる点、注意点などをしっかり覚えておくと購入したあとで失敗したということがなくなります。
ヨギボーの購入は通販がおすすめな理由とは?
ヨギボーは直接販売するショップも少しずつ増えてはきていますが、まだまだ通販が主流です。販売サイトも発売当初より増えたので便利になりました。公式サイトに加えて、楽天市場、ヤフーショッピング、アマゾンでの利用も可能です。
ヨギボーを抱き枕にするならどれがぴったり?
ヨギボーロールは、120センチが一番おすすめです。大きすぎず、小さすぎないので、一番使いやすい大きさに感じます。インテリアとしても存在感を発揮してくれるアイテムなので、お部屋にマッチしたカラーを選ぶと良いでしょう!
ヨギボーのカバーを洗う時の注意点って?
ヨギボーの良さは、カバーを取って洗えることですよね!いつも清潔にいられますので、長く使えます。ヨギボーのカバーを洗う時の注意点は?
ヨギボーの送料はいくら?何とか安くならないの?
口コミを見ているとヨギボーの送料が高いという意見があります。ヨギボーの送料を安くする方法はないのでしょうか?
ヨギボーを店舗から持ちかえることはできるのか?
最近、テレビなどのメディアでも、たびたび紹介されている、大人気中のヨギボーです。かなり大きいビーズクッションですが、店舗で購入してもって帰ることはできるのでしょうか?
ヨギボーがへたってきた!復活の呪文があるって本当?
毎日愛用するためか、ヨギボーがだいぶへたってきました。そんな、へたってきたヨギボーに復活の呪文があるって本当!?
ヨギボーカバーを洗濯するメリットはキレイだけじゃない!?
ヨギボーのカバーが洗えるっていうのは、かなりのメリットですよね!そんなヨギボーのカバーを洗濯するメリットがキレイにするだけじゃないんですって!
ヨギボーカバーの作り方って知ってる?
ヨギボーのカバーはアメリカの特許製法で作られています。ただし、詳しい製法などはもちろん企業秘密なのでネット上に好評されることはありません。企画はアメリカ、製造は中国、組み立ては日本というように行っています。